2007年06月30日

飼い主見つかりました...

先日のブログ「飼い主の責任」で書いていた
もうすぐ2歳になる、M,ダックスの男の子…
新しい飼い主さんが見つかったそうです。

私自身、新しい飼い主さんを探すため、Dさんにこのわんちゃんの
しつけ状況、せめてトイレ訓練だけでも出来ているのか
教えてほしいと、お願いしていたのですが回答が貰えず…
どうしたものかと悩んでいたのですが
どうやらDさんがご近所の人に声をかけて引き取ってもらったみたい。

「みたい」と言うのも、Dさんから直接のご報告を受けていないから…
まぁ、パッタリと催促の連絡が来なくなったので「どうしたのかな?」
と、思っていたのですが引き取り手が見つかったという噂を
回り回って母が聞いたそうです。

それと同時に回ってきた話では、心配していたトイレのしつけも
充分ではなかったらしく、新しい飼い主さんが貰ってから
すごく驚いていたらしい…と言うこと。
どおりで聞いても教えてくれないわけだ。

新しい飼い主さんは、以前ラブちゃんを飼っていたそうなので
きっとこのミニダク君も、立派な子に
そして幸せに暮らしていけると思います。

ニックネーム 珠 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

飼い主の責任...

それは突然の出来事でした…

出勤準備に慌しい朝7時半過ぎ、突然鳴り出した電話。
母はすでにチャー君の朝の散歩へ出かけていて、家に残るは私と姉だけ…
仕方なしに受話器を取ると、相手は母の知り合いらしいDさん。
私は母の不在を何度も告げたのですが、そのDさんはまるで捲くし立てるように言いました

「うちで買っているダックス、吠え声がうるさくてマンションのご近所から苦情が来た
 もう、飼えないので引き取ってほしいから今日犬を連れて行っていいか?」

「お母さんにはちゃんと言ってあるから、早く引き取ってくれ」

余りの勢いに、私も思わず言葉をなくしてしまいました。
ですが、私も姉も母からは何も聞いていません。
もし、本当に引き取るつもりであるならばその世話をするのは私。
母の方から必ず私に話しが来るはず。
「早く引き取ってくれ」と何度も繰り返すDさんと
「母がいないから」となんとか電話を切り、遅刻ギリギリで会社へ向かいました。

気になりながらも何とか仕事を終え、急いで帰宅。
母に朝の事を説明し、詳しい話を聞いてみると…

Dさん家では今まで犬を飼ったことは無く
娘さんのお年玉として、M,ダックスの男の子を買ったそうです。
でもチャイムの音や外での物音によく吠えていたようで
マンションのご近所さんから苦情が来ていて、飼えなくなったので
貰い手を捜しているらしい…

との事で、母はコノ子を引き取る約束などは一切していないとの話でした。
さらに聞いてみると、無駄吠えをやめさせる為に
しつけ教室やトレーナーなどに相談などもしておらず
即、手放す決断をしたらしい…
正直、私はこの話を聞いて怒り心頭。

命ある生き物を、安易に飼ったこと。
トレーナーに相談することもなく、放置しておいたこと。
そして、努力することなくこの犬を諦め手放すこと。

考えれば考えるほど、この犬が可哀想で
ひとつの命を簡単に捨てるDさんに対して怒りが湧き起こってきます。

それでも、どうにかしてこのワンコのことを手放さないですむよう
さっきまでDさんと電話にて話をしました。
Dさんからの相談を受けているわけではないので、カウンセラーとしての
応対はできませんが、一人の愛犬家&飼い主として
トレーナーに付いての無駄吠え禁止のレッスンを進めたり
私の中にある情報と知識を出来る限り全て伝え
「手放すのはもう少し考えてくれないか」と一生懸命お願いしました。
しかし、Dさんは「もう決めたから」の一点張り。
「早く引き取ってくれ」を繰り返します。
結局、うちでは飼えないので「貰い手を探す」と言うことになりましたが
私はもう、ただただ凹むばかり…
自分の無力さを痛感。

世の中の飼い主が、みんなこんな人ではないと分かっているけれど
切ない気持ちでいっぱいです。
どうか、このワンコが幸せになれますように…
ニックネーム 珠 at 23:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする